加齢

コラーゲン注入の効果と問題点

よりダイレクトかつ大きな効果を目的に、皮膚にダイレクトにコラーゲンを注入する手法も存在しており、数え切れない方々が実践されています。
コラーゲンが有する肌の新陳代謝増幅効果を用い、肌の艶、張りを取り戻し、シミを消す効果を期待するものです。

食物内のコラーゲンを消化器系を通じて摂取する、あるいは皮膚に塗付する方法と比較して、目的部所に直接注入する訳ですから、その効果の比較結果は言うまでもありません。
食物として摂取する場合、水溶性のコラーゲンは水に溶解してしまう為、スープ状で一緒に飲み食べる事で最大限摂取が可能ですが、それも間接的な摂取スタイルです。
またコラーゲンの分子は非常に直径が大きく、皮膚表面から真皮まで浸透させる事が難しいのも現実です。
「最大限の効果を得る」という観点からすれば、確かに「注入」という手法はベストだと判断出来るでしょう。

しかし同時に副作用の懸念がゼロという訳でもありません。
コラーゲンは時間の経過と共に完全に分解されてしまう性質を持つ為、肌自体を元通りに再生する効能と言うよりは「荒れて凹んだ局部のみを盛り上げて修復する」働きを為す成分です。
肌の細胞自体が若い頃のように活性化する訳ではなく、注入部分だけを「盛って整える」と捉えておくべきです。

またコラーゲン注入はアレルギー反応のリスクを伴う処置であり、事前に必ず担当専門医のチェックを受けねばなりません。
すなわち体質の事前チェックを行わずにコラーゲン注入しようとする医療機関は要注意なのです。
ちなみにアレルギー症例としては、注入部所の痛み、痒み、腫れ、変色などから、更に症状が悪化した場合皮膚腫瘍の発症も懸念され、いずれも副作用の症状です。

コラーゲンという成分を注入する「医療行為」である以上、素人判断で行う事は出来ませんし、当然すべきではありません。
インターネットを活用する事で、数多くの体験者の経験談やコメント、更には注意喚起の文言を閲覧出来ます。
ここでも注意すべきなのが、あくまで一般人の主観で語られた文章の場合、特に「推奨文」の鵜呑みは厳禁です。

また費用面も決して安価ではなく、実際に注入を行う頻度も健康状態に直接影響する為、冷静な判断が不可欠です。
「ハイリターンが十分期待出来る半面、それ相応のリスクを想定しておくべき」というのが、コラーゲン注入を検討するに際し、最初に確認しておくべき事なのです。
まずは安心出来る専門医療機関に足を運び、納得出来るまで説明を受けるところから着手しましょう。

Copyright© 2011 美肌に欠かせない成分 All Rights Reserved.