加齢

コラーゲンは一週間おきに摂ろう!

コラーゲンの摂取サイクルに関しては、色々な説が混在しているのが現状と思われます。
「毎日決まったタイミングで継続摂取」という意見が主流にも思えますが、ここで注目したいのが「1週間おきに摂取」という説なのです。
テレビスポットでも謳われているこの摂取スタイルですが、これだけでは言葉足らずなのか、多くの方々は更なる素朴な疑問を抱いているようです。
それが「1週間に1度摂取するのか、1週間置き、すなわち7日間摂取して7日間休むのか、どっち?」という判断に迷う多数のコメントからもうかがえます。

コラーゲンの摂取サイクルとして推奨されるスタイルは、7日間連続摂取と7日間休む事を継続するスタイルです。
その理由について、以下に可能な限り噛み砕いて補足しておきますので、ぜひご一読ください。

コラーゲンは元来体内に存在しているたんぱく質の一種で、アミノ酸から構成されており、その種類は約20種類。
このコラーゲンを含む食物を食する事で、消化器系(腸)のひだを経由して摂取し、血液に乗せて全身に届ける摂取方法がおそらく、もっともナチュラルかつ一般的な方法でしょう。
その他サプリメントを使用するスタイルも数多く実践されており、こちらも体内での摂取ルートは基本同じです。

当然口から体内に入れたコラーゲンの成分が効果を期待する場所に到達するには、それなりの時間を要します。
加えて食物中に含まれる効能を期待する成分は僅かですので、1度や2度摂取した程度ではシビアに言えば「効果云々以前のお話」なのも現実です。

そこで考えられるベストな摂取サイクルが、冒頭の「1週間連続で摂取と1週間のオフを交互に」というリズムなのです。
連続摂取すればそれだけ、より確実に体内に成分が蓄積します。
ですが1年365日絶えず摂取を続けてしまうと、身体が「摂取しないと自力で健康快調に機能しない」方向に向かってしまい兼ねません。
身体内の細胞がそうした「記憶」を有してしまっては、自らが積極的にコラーゲンを体内で生成する行為自体を忘れてしまうからなのです。

摂取と休止を繰り返す事で、私達の身体に「自力でコラーゲンを生成する」事を思い出させ、実践させるのです。
そうした体調が基盤になってこそ、体外から摂取したコラーゲンが最高の効果を発揮出来ると考えられるのです。
今現在コラーゲンを何らかの手法で摂取中であれば、ぜひここでご紹介の「1週間おきの摂取」を試していただければと思います。

Copyright© 2011 美肌に欠かせない成分 All Rights Reserved.