加齢

コラーゲンの美肌作用とは

優れた美肌作用が周知されて久しいコラーゲンですが、ここでは具体的な作用を掘り下げ検証しておきたいと思います。
最近ではその美肌作用を皮膚の表面から届けるべく、化粧水、化粧品、クリームなどにもこれを含んだ製品が増加中です。
製品の宣伝コピーが「お肌ツルツル」「美肌効果抜群」などと謳われている製品にはこれが含まれているケースが大半ですので、実際に含有成分をチェックしてみてください。

コラーゲンがその効能を発揮するのは皮膚の下の「真皮」という部所であり、この真皮が美肌を保つ要なのです。
若い頃は真皮の細胞も元気に活動していますが、20~25歳ぐらいから次第にその活動が緩慢となって来てしまいます。
加齢が原因で体内のコラーゲン自体が減少を始めてしまい、少しずつ肌が艶や潤いを失って行くのです。
そこで食事、サプリメント、化粧品や化粧水などで身体の内外からこれを補填する事で、不足するコラーゲンを補う作業が大切となるのです。

但しこれはその分子自体が非常に大きな成分であり、通常の状態で皮膚の上から塗付したり吹き付けるだけでは、皮膚の上部を通過して真皮にまで到達させる事が困難なのです。
この難題をクリアすべく、コラーゲン含有製品の生産メーカーは分子をより小さくし、少しでも浸透率をアップすべく各社努力を重ねている事も「豆知識」として知っておいて損はありません。
「コラーゲンの低分子化、小分子化」といった表現がそれを指しています。

次にこれは皮膚の保湿面でも大きな働きを見せてくれます。
顕微鏡で実際に確認すると、コラーゲンは棒状の形状で水分を豊富に内蔵出来る性質を有しています。
これはタンパク質の一種であり、その成分がアミノ酸であるもの特有の性質であり、水と相性が良い事から化粧品や化粧水に綺麗に配合され、私達に美容効果を届ける事が出来るのです。

肌の潤いをキープしてくれるコラーゲンですから、自ずと肌荒れ、乾燥肌、シミ、弛み、シワなどの予防防止の働きも兼ねてくれます。
肌の内側が元気になる事で、表面から見た肌が「活き活き」とした外観となるのです。
何より化粧で表面上誤魔化した美しさではなく、身体の内側から滲み出る健康な美しさですから、コラーゲンが実現してくれる美肌は正真正銘の「本物」なのです。
そんなコラーゲンを食べる、飲む、塗る、吹き付けるなど皆さんにマッチした方法で正しく摂取を続ける事で、念願の美肌効果を実感維持していただきたいと思います。

Copyright© 2011 美肌に欠かせない成分 All Rights Reserved.