加齢

コラーゲンが年齢を重ねる度に減少する理由

私達の身体は加齢と共に、次第にコラーゲンを体内で製造する機能が衰えてしまいます。
とりわけ世の女性にとっては認めたくない現実ですが、年齢を重ねるに連れ、体内でこれを作る役割を担う繊維芽細胞の働きが次第に弱って行くからなのです。

ちなみに体内のものの減少が始まる時期には個人差こそありますが、20歳過ぎから25歳頃から始まるのが一般的です。
そして50代に入ると20代の頃の半分以下にまで減ってしまうのです。
予想より遥かに早い段階から、コラーゲンの減少が始まってしまう事に驚かれた方もおられるかと思います。
「日頃から健康に気を遣い若々しいライフスタイルを続けていれば、コラーゲンの減少を防げるのでは?」と考えたいところですが、人体の細胞レベルの老化ですので何とも申せません。
毎日サプリメントを摂取するなど特段の配慮をしていない場合は、どうしても加齢とともに減少していきます。

このコラーゲンの減少は以下に挙げる諸々の症状に関係します。
いずれも一定の年齢に達した多くの方の自覚症状であり、渋々ながらも納得されるかと思います。
まずは関節の軟骨の減少が始まり、関節の痛みや稼働範囲に支障が生じたりします。

次に皮膚の弾力や潤いが減少し、カサカサの乾燥肌、シワ、たるみなどが目立ち始めます。
更にこれの減少が進行すると、骨の密度自体が低くなり、骨折しやすいなどの深刻な弊害にも繋がって行きます。
いずれも「老い」という2文字で表現される症例であり、手を打たなければ更に悪い方向へと進行を見せてしまいます。

こうしたコラーゲンの不足を補い予防するためには、これを身体の外から摂取する事が必要となります。
特に皮膚や骨や軟骨といった身体の要の部分に、コラーゲン不足の悪影響が顕著に出ますので、放置していると日常生活自体にも支障を来し兼ねません。
コラーゲンの積極的な摂取は、単に美肌をキープするといった外見的な向上の目的のみならず、健康な身体の維持に大きく影響する大切な行為なのです。

その成分や身体内で担う役割からコラーゲンの豊富な摂取が可能な食物関連のデータ、更にはサプリメント系の製品情報に至るまで、皆さんが知りたい情報をこのホームページでは紹介していきます。
「25歳はお肌の曲がり角」は美を求める女性限定の謳い文句ではなく、男女を問わず全ての人達の健康に関係する、大変重要なキーワードであり、その鍵を担うのがコラーゲンなのです。

Copyright© 2011 美肌に欠かせない成分 All Rights Reserved.